『すでに崩壊というような状況』第7波の救急医療の現場 崩壊を止めるために医師が訴え「熱中症の予防に努めて」

news.infoseek.co.jp

 

忙しい医者のイラスト

 

 コロナ第7波のコロナ拡大により、医療現場は大変なようです。

 

 そのお医者さんの負担を減らすには、やはりわたしたちはケガや病気にならないよう気を付けること。

 

 暑い日々が続く中、熱中症が増えて、さらにお医者さんは大変な様子。

 

 「熱中症の予防に務めてほしい」と医師は訴えています。

 

 熱中症予防・対策 

①水分をこまめにとろう。

 マスクなどで、喉の渇きがわかりにくくなっていたりしますので、喉が渇いていないと感じていても、水分は意識して、こまめにとりましょう。

 

 

 ②塩分を適度にとろう。

 多く塩分をとることは、もちろん身体に悪いことですが、大量に汗をかく時は、特に塩分補給を。

 

 

③睡眠時間を快適に保とう

 暑い日々で眠れないこともあるでしょうが、睡眠は大事。通気性が良い寝具や、エアコン・扇風機を使って、睡眠をしっかりとりましょう。

 

 

④バランスの良い食事を。

 バランスの良い食事で、しっかりと栄養をとり、しっかりとした身体づくりをしましょう。


 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

良ければ読者登録・「ブログ村」クリック・SNS拡散をお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村