多くの人を魅了し、多くの人を堕落させるあいつに、わたしもまたあがなえない・・・

 柔らかく身体を包み込むあいつは、今朝もわたしをなかなか離してくれなかった。

 なぜ、あいつは、こんなにも暖かいのだろう。

 その温もりから離れがたく、どうしてもわたしはあいつにすがってしまう・・・。

 あと5分・・・いや、せめて1分。

 

 そう思いながらも、離れなくてはならない。

 

 あいつは、何も言わずに、ただそこに横たわるだけ。

 

 外に出る時に、身を切る寒さを感じて、理不尽な怒りと悲しみをあいつに向けてしまう。

 

 それでも、結局、私はあいつの元に戻ってきてしまうのだ。なぜなら、あいつがとても暖かいから・・・。

 

 そうだよ。なんで、あいつはこんなに暖かいんだ!布団!

 

 はいww 寒くなって、布団から離れられなくなってきましたね。

 

 いよいよ、本格的に寒くなって、そろそろストーブやコタツも考えています。

 

 コタツが出てきたら、布団にたいして「すまねぇ、こいつの方が暖かいんだ。こいつが悪魔的な暖かさだから・・・」と謝ることになるんだろうなぁw

 

 でも、コタツでゴロゴロしてばかりだといけないですから、なんとか頑張って、運動とかも頑張りたいです;

 

 


 


 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

よろしければ、ブックマーク、ツイート、読者登録などしてください。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村