【WRCラリージャパン】新生、待望のスタートを果たす…2022年シーズン最終戦

news.yahoo.co.jp

 

 

 11月10日、2022年世界ラリー選手権WRC)最終第13戦「ラリージャパン」が競技開始を迎え、12年ぶりの日本開催、愛知・岐阜では初開催となる一戦が、待望のスタートを果たしました。  

 競技最終日は13日です。  

 

 コロナの影響などがあり、実現までに数年がかかった新生ラリージャパン。  WRCが日本で開催されるのは北海道開催時代以来12年ぶり。

 愛知・岐阜では初の開催となります。     

 

 性能をウリに車を世界に送り出している日本としては、本当に待望といった感じでしょうね。     

 

 参戦するのは36台。  

 海外からのドライバーも参戦する中、Rally 1で戦う唯一の日本人ドライバー、#18 勝田貴元(TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team Next Generation/マシンはトヨタ・GRヤリス・ラリー1・ハイブリッド)は7位のタイム。  

 

 SS1では「トヨタ・GRヤリス・ラリー1・ハイブリッド」を駆る#1 セバスチャン・オジェTOYOTA GAZOO Racing World Rally Team)が首位となるタイムを記録しています。(オジェは2013~18、20~21年WRC王者。今季はパートタイム参戦)。  

 

 とはいえ、まだ戦いは始まったばかり。  

 

 クラッシュなどのトラブルもありながらも、熱いレースが行われています。    

 

 ここで世界に車の性能を見せ付けたいだろうトヨタは、母国戦で優秀の美を飾れるのか?    

 

 注目ですね。  

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

よろしければ、ブックマーク、ツイート、読者登録などしてください。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com