アニメ大好き館

アニメ・フィギュア・マンガ・ゲームの話題を中心に割と好き勝手にやっているブログです😉

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

AIを活用してホラー風味な小説書いてみた

 夏。と、いうことで、AIを活用してホラー風味な小説を書いてみた。

 

題名:信じる者は救われる
 それは暑い夜のことだった。私は一人で家にいた。  
 エアコンを動かしても、暑さは和まない。いっそ、窓を開けたて空気を入れ替えた方が気がまぎれるかもしれない。  
  いささかヤケクソ気味に私はエアコンを切って、窓を開けようと立ち上がろうとした。  
  だが、立ち上がろうとした姿勢のまま。私は、そこから動けなくなった。外から異様な気配が漂ってきたのだ。  
 どう異様なのか、説明するのは難しい。ただ、先ほどまで暑いのが嘘だったかのように寒さを感じて、背中が震える。  
 きっと気のせいだ。何か悪い物でも食べたのかもしれない。最近、暑いからな。そうだ、夕飯の何かが腐っていたのかもしれない。
 自分の中の恐怖をごまかして、私はハハハとから笑いを浮かべながら、窓を開けることにした。
 なにか。なにか近づいてくる気配がする。いや、気のせいだ。きっと、猫か何かだ。
 窓を開けた。真っ赤な何かと目があった。
 不思議なものだ。あまりもの異様な存在を見れば、普通の人はパニックになるところだ。しかし、私は冷静にそれを見ていた。  
 そういえば。と、昨日見た、とあるインターネットの掲示板の内容を思い出す。
 そうだ。夏だからと、暇だからと、興味本位で。科学が発達している現在で、いない存在に怯える輩をバカにして笑ってやろうと、ホラーの話をしている掲示板を見ていたんだ。
 街を徘徊する赤い存在。掲示板では、その話しでもちきりだった。色んな街に現れては、人を消していくという存在。
 じゃあなんで、その存在の噂が出回っているのだ? 私は、当たり前の疑問を元に、その話しを怖がっている人たちを笑った。笑ってやった。
 お前のところに行くよ。
 私を怖がらせようとしたのだろう、誰かのコメント。
 それを思い出しながら、私はなぜのんびりと、その赤い存在が近づいているのを見つめているのだろうと思う。
 違う。動けないのだ。思考を巡らせているのも、いわゆる現実逃避というやつだ。
 逃げろ。何をやっている。あれは危険だ。頭が警鐘を鳴らしているのに、私は動けなかった。
「あ・・・あ、あ・・・」
 悲鳴にもならない、短い声しか出ない。
 助けて助けて助けて。ごめんなさいごめんなさい。バカにしてごめんなさい。もうしません。あなたを信じます。だから許してください。
 私は祈り、死を感じて目を閉じた。
 何も起きなかった。恐る恐る目を開けた。
 気のせいだろうか。赤い何かは最初見た時よりも、大きくなっていた。でも、恐ろしくは感じなかった。それどころか、穏やかで、優しくて、輝いているようにすら見えた。
 赤い何かは、スウと消えていった。 私は腰を抜かして、そこに座り込んだ。
 助かったことに安堵して、赤い存在の噂が広まっている理由を理解した。
 そして、もう二度と赤い存在を疑わないと誓った。
 あの赤い存在は、どこまで大きくなるのだろうか? それは考えないことにした。


 AIが書いた元の文章の原型は無くなってしまったが、なかなか恐ろしいものが書けた気がする。  

 

 気が向いたら、またチャレンジするかも。

 

あきらちゃんの日記 - にほんブログ村