真夏のクーラー“つけっぱなし”と“こまめに切る”で電気代はどう変わるか

news.infoseek.co.jp

 

 真夏のクーラー。

 猛暑が続く中、やはり気になるのは電気代。

 なにもかもが高くなりつつある世の中、電気代も安くなく、少しでも節約したい。でも、熱中症になるのも困る! 

 つけっぱなしの方が、電気代は安くなるって聞いたことはあるのだけれど、実際はどうなのだろう?

 結論から言ってしまうと、「時間帯ごとに違う」とのこと。

 政府による推奨設定温度28℃超を守りつつ、気温が上昇する9時~18時はクーラーをつけっぱなしに。気温が低くなる18~23時は、30分ごとにこまめに入り切りした方が良いとのこと。

 まぁ、クーラーだけでなく、暑さ対策グッズは探せばいくらでもありますので、それらも活用すれば、さらに電気代は安くなるかもですね。

 今年の夏は、クーラーをうまく使いつつ、乗り越えていきたいです。

 


 


 


 


 

 

 

\良かったらフォローしてね!/
あきらちゃんの日記 - にほんブログ村