北日本で災害の危険性 再び高まるおそれ 厳重警戒を

www3.nhk.or.jp

 

 

 北日本では、前線や低気圧の影響で、大気の状態が不安定になり、北海道や東北北部で断続的に激しい雨が降っているようです。

 

 北日本では16日、大雨となって災害の危険性が再び高まるおそれが。

 

 北陸や新潟県でも雨雲が発達する見込みで、土砂災害などに厳重な警戒が必要とのこと。

 

 午前5時までの1時間には、北海道八雲町で、激しい雨。

 

 雨により、土砂災害の危険性が高まり、「土砂災害警戒情報」が出ている地域もあります。

 

 前線を伴った低気圧はこれから北日本を通過し、その後、前線が18日にかけて東日本や西日本に南下するよう。

 

 北海道や東北では17日にかけて 新潟県と北陸、それに西日本日本海側では16日午後から18日にかけて 雷を伴った激しい雨が降る恐れが。

 

 土砂災害や川の氾濫、浸水などに気を付けてください。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

よろしければ、ブックマーク、ツイート、読者登録などしてください。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村