FGO、2部7章(前半)感想・ネタバレ

 

 FGO、2部7章(前半)を終えました。

 

 ・・・・ありのまま、起こったことを話すぜ・・・ 艦から落ちて絶体絶命だと思っていたら、U-オルガマリーと言峰と一緒にサッカーを楽しんでいた。

 

 い、一体、何を言っているのか、わからねぇと思うが・・・信じられないことに、これが本当のことなんだ。

 

 PVから、最初からシリアス展開で、最後までシリアス展開かと思っていたけれど U―オルガマリーが、負ける前からギャグ要因となるとは・・・・

 

 いや、彼女の場合、登場からしてギャグ要因だった気もするが。

 

 ともかく、U-オルガマリーは記憶喪失になって、主人公の味方になりました(苦笑)

 

 カルデアの者さんもチラリと姿を見せましたが、オルガマリー仲間参戦のインパクトで、掠んじゃいましたわ。すみません。

 

 主人公は、艦から落ちたけれど、現地神と謎の交渉をした結果、助かりました。

 

 で、すぐにマシュと、話しのわかる恐竜の姿をした現地人ならぬ現地恐竜・テペウさんと合流。

 

 U-オルガマリーが記憶喪失になって、まさかの仲間参戦になったので、その流れで言峰も仲間に。

 

 道中、操られて敵となったキングプロテアと戦ったりしつつ、主人公たちはとある町へ。

 

 艦の仲間と合流するため、王様に謁見しようとしようとするのだが、簡単には会えない。

 王に謁見するために、サッカー参戦することに。いや、なんでやねん。と、つっこんではいけない。

 それにしても、言峰がノリノリである(笑)

 

 無事に主人公チームとテペウさんが作ったチームが勝ち残るが、テペウさんの合理主義が炸裂。

 テペウさんの思考がちょっと怖い。でも、主人公との交流で変化も感じる。 

 テペウさん、闇堕ちするか 、光堕ちするか・・・ともかく、なんだかんだで死ぬフラグがすごい立ってる。

 今ストーリのSAN値削る係ですね。わかります。

 

 そして、艦では・・・・なんかとんでもないことになってた。

 

 まさかのムニエル死亡!? え?? 所長も!??? 所長は! 所長だけは見逃してぇえええええええ!!!!!

 

 はい・・・転がる遺体に・・・・しばし呆然タイム。

 

 所長・・・所長がぁああああ(泣)  と、思っていたら、あっさり生きてたよ!!!(苦笑)

 

 なんやかんや魔術でごまかし、後はコヤンスカヤが駆け付けて助けてくれたらしい。

 

  コヤンスカヤ参戦には、特に驚きませんでした・・・・。

 

 

 Uーオルガマリー仲間参戦と言峰仲間参戦のインパクトは超えなかったよ。

 

 ムニエル君も無事でした。ガッツリ頭と心臓にぶち当たったように見えたけれど、あれも魔術でごまかしてたってことなんですかね? 

 敵は神なのに、そんなんで良くごまかせたな? と、ちょっと首をひねる。

 

 うーん、ムニエル君には、黒幕説もあるけれど、ここは素直に魔術で色々とごまかした。って思っておこう。  

 

 主人公は所長たちと合流できたけれど、召喚したニトクリスちゃんは重症。カドック君たちが攫われてしまう。      

 

 主人公たちはカドックたちを取り戻すために行動に移す。    

 

 そんな主人公たちの前に、成長した姿となり、敵対行動をとってくる紅閻魔ちゃん登場。

 

 ヤバイ山に捕らわれ、作戦会議の結果、術ギルガメッシュから若返りの薬を貰って、紅閻魔にぶち込む作戦をとる。    

 

 冥界つながりのサーヴァントが次々出てきて。エレシュキガルが出てくる気配が、ぷんぷん漂ってきている。

 しかし、彼女のオルタ化とか、冷徹無慈悲な性格になった彼女とか、まったく想像できん;    

 

 ともかく紅閻魔を元に戻して、カドックたちが捕らわれている町へ。 

 

 ここで大令呪の効果について判明。

 いざという時、世界ごと爆破する自爆装置みたいなもので、世界が爆破する前に大令呪を使った本人が死ねば世界事爆発しない。適度な攻撃になる。

 みたいな感じらしいが・・・・・・カドックに死亡フラグが立ってる?  

 

 ともかく、なんとかカドックたちを救出。

 

 そこにデイビッドと敵サーヴァントが立ちふさがる。

 

 ここでまさかのOLT登場。まさか、前半で出てくるとは!

 

 とはいえ、これは敵サーヴァントの宝具?で、未来の出来事を再現した何からしい。  

 

 OLT戦は負けイベントで、100万ものHPを削れば戦闘終了。

 

 敵は全体攻撃なので、ワンパンした方が良いという感じなのだが・・・。

 

 イベントの90++で何度も100万削ってきた身にとっては、無敵も回避も回復もついていない敵100万HPを削り切るなんて、余裕なんですわ。

 

   おかげでOLTに特に恐怖も抱かず。

 まぁ、どうせ、後半になったら、何かしらの倒せる手段が出てくるんでしょ(多分)って感じ。

 

   ケツァコアトルもどきな神様の手も借りて、なんとかその場を逃げ出す一行。         

 

 しかし、このままではOTLが出てくるのは確実。どうする一行!? ってな感じで、前半終了。      

 

 とりあえず、出てきた南米神様サーヴァントや敵サーヴァントの名前は、覚えきれませんでした(苦笑)。南米の神話も、ほぼ聞き流し。

 

  南米神話について事前に知っておいた方が、楽しめたかもしれません;

 

  それにしても、ラスボスどうなるんだろうね。特に言峰。

 なんやかんやで、無理やりオルガマリーにOLTを融合させて、暴走させるー。とか。

 逆に、なんやかんやで、暴走したオルガマリーから主人公を守るー。だとか。

 そういう展開かなーとは予想している。  

 

 そして、オルガマリーは実装するのか?? 

 まぁ、モーションも作られていて、実装しないなんて、FGOあるあるなんで期待はしませんが・・・正月ピックアップで、言峰と供に出てくる可能性もあり?      

 

 うーん、ちょっとだけ期待しておきましょうか。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

お名前.com

 

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

px.a8.net

 

Fateのフィギュアを買うなら
フィギュア新作予約最大25%オフ!
あみあみ